Blog&column
ブログ・コラム

剪定時期はいつがいいの?

query_builder 2024/03/05
コラム
65
庭木を剪定している光景はよく見かけますが、具体的にいつが剪定時期に適しているのでしょうか。
今回は、庭木の剪定時期についてご紹介します。

▼庭木の剪定時期
庭木の剪定を行う際は、最適な剪定時期を選ぶのがコツです。

■基本となる剪定時期
剪定を必要とする木は落葉樹と呼ばれる大きな木が多く、葉を落として休眠期に入った12月から2月にかけて行います。
葉が落ちてから行った方が、枝だけを剪定すればいいため、手間がかからない上に安全でもあるからです。
さらに、葉が落ちると枝の状態がわかりやすくなるので、どの枝を残し、どの枝を落としてしまうかの判断がしやすくなります。
枝を抜く剪定は強剪定と呼ばれる大がかりな剪定になるため、よほどのことがない限り、剪定時期は冬と思っておくといいでしょう。

■軽剪定時期は必要に応じて決まる
冬に行うのが基本の剪定時期ですが、軽剪定と呼ばれる軽い剪定なら、冬以外にも行われます。
その理由は、枝や葉が密集したことによって害虫が発生し、病害対策が必要になった時などです。
枝や葉が密集していると風通しが悪くなり、雨が降ると湿気が溜まって害虫が発生しやすくなります。
そんな時は、枝や葉を剪定して風通しを良くすることが、害虫駆除には欠かせません。
造園のプロにお願いすれば、庭木の風通しを良くする軽剪定によって、害虫を根こそぎ取り除いてくれるでしょう。
こうした軽剪定は、冬以外に行う可能性が高いと知っておくと、害虫が発生しても慌てずに済みますね。

▼まとめ
大きな木の剪定時期は、基本的に寒い冬に行われ、枝を抜いたりといった大掛かりな剪定になることも少なくありません。
ただ、それ以外の時期も、害虫対策などで剪定をする必要に迫られる場合があります。
弊社は定番の剪定時期の冬はもちろん、それ以外の時期の剪定も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • 剪定に用いるはしごの特徴とは?

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE