Blog&column
ブログ・コラム

刈込みの管理とは?

query_builder 2024/02/03
コラム
64
植木の専門用語の中に、刈込みがあります。
定期的に行わないといけないため、管理が必要です。
そこで今回は、刈込みの管理について見ていきましょう。

▼刈込みの意味と管理が必要な理由
刈込みとはどういうもので、どのように管理するのでしょうか。

■刈込みとは?
刈込みとは枝や葉を切る作業のことですが、伸びてきた枝を落とす剪定とは 違い、木そのものの輪郭を整えることを目的に行います。
まず、外側部分から枝や葉を刈り、形を変えていくのが刈込みの特徴です。
庭木に行うこともありますが、家の周りをぐるっと囲うように作られた、生垣を整えるために必要な管理方法と言えるでしょう。
刈込みによって形がきれいになり、見た目が美しくなります。

■刈込みの管理時期
刈込みの管理をするにあたっては、実施時期は特に決まっていません。
ただ、刈込みをすることによって見た目が美しくなるのが特徴ですので、見た目が不細工になってきた時が、刈込みを行うタイミングと言えます。
よくテーマパークなどでキャラクターの形をした植木がありますが、これはトピアリーと呼ばれるものです。
あちこちから枝や葉が伸びてくると見た目が崩れてしまいますので、美しさを保つために刈込みを行います。
ご家庭の生垣に行う際も同様で、「見た目が悪くなってきたな」と感じた時や、枝や葉が伸びてきて、全体に統一感がなくなってきたところで、刈込みを行いましょう。
枝や葉の伸び方は一定ではないことから、どの程度のスパンで刈込みという管理をするかは、持ち主の感じ方次第と言えますね。

▼まとめ
刈込みとは、庭木や生け垣の見た目を良くするために行う植木の管理作業です。
枝や葉を少なくする剪定と違い、いつ行うかは持ち主の感性によると言ってもいいかもしれませんね。
植木はエクステリアの印象を大きく左右しますので、刈込みの管理は造園を専門に手掛ける弊社にお任せください。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • 刈込みの管理とは?

    query_builder 2024/02/03

CATEGORY

ARCHIVE