Blog&column
ブログ・コラム

季節で楽しむ木の特性とは

query_builder 2022/05/01
コラム
41
木には一年を通して葉を保つ常緑樹と、秋冬には葉が落ちる落葉樹の2種類があります。
庭木にはどちらがいいのか迷うところですよね。
あまり手がかからない木がいいならば、常緑樹です。
四季折々の景観を楽しみたいなら、落葉樹が向いています。
それぞれ詳しく見てみましょう。

▼常緑樹の特徴
常緑樹は冬でも美しい葉姿を楽しめます。
落ち葉の掃除やメンテナンスが楽です。
日本に自生している種類も多いため、環境に馴染みやすくなります。
手をかけなくても、すくすくと育つところがメリットです。
目隠しとして外からの視線を遮りたい場所には、周年葉をつけている常緑樹がおすすめです。
緑のフェンスとして生垣に利用するのも良いでしょう。

■庭木に向いている常緑樹
・キンモクセイ
・ヒイラギ
・レモン
・オリーブ
・シラカシ
・コニファー

▼落葉樹の特徴
落葉樹は春夏秋冬でサイクルがあります。
落葉樹を庭木に選ぶと季節ごとに違う姿を楽しむことができます。
春夏には美しく鮮やかな花を楽しめます。
冬の葉が落ちたあとの姿も、枝ぶりに風情を感じることができるでしょう。
落葉樹は夏には濃緑の葉が生き生きと茂り、暑い日差しを遮って日陰を作ってくれます。
冬には葉が落ちるので、家に差し込む日光の邪魔をしません。
夏涼しく冬温かいというのが、落葉樹のメリットです。

■庭木に向いている落葉樹
・サクラ
・イロハモミジ
・ハナミズキ
・マグノリア
・サルスベリ
・ジューンベリー

▼まとめ
年中緑で視線を柔らかく遮ってくれる常緑樹。
季節によって姿を変える軽やかな落葉樹。
組み合わせてお庭の表情を豊かにしてみても素敵ですね。
日本植物園株式会社では、お客様からの細かなご要望にも丁寧に対応しています。
ぜひ一度お問合せ下さい。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • 除草剤のメリット・デメリットについて解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE