Blog&column
ブログ・コラム

雑誌から抜け出たような洋風ガーデニング

query_builder 2022/03/01
コラム
37
自然な姿を活かした、おしゃれな北欧風ガーデニング。
ナチュラルで素朴な雰囲気が人気の理由です。
そして、ここ最近注目を集めているお庭がロックガーデンです。
ロックガーデンは、力強いワイルドな雰囲気が人気です。
大きめの岩や荒い砂などを配置したり、高山植物や多肉植物を植えて楽しみます。

▼ロックガーデンのメリット
岩陰で植物を真夏の暑さから守ることができ、また強風からも守ってくれます。
岩石があることで、土の中まで熱が浸透しないため根が蒸れるのを予防してくれます。

▼ロックガーデンを組む時のポイント
■水はけをよくする
土はとても重要です。
パールライトや有機質肥料を混ぜるのがおすすめです。

■傾斜を作る
土を盛って傾斜地を作るか、傾斜している場所を利用します。
水が流れやすいように岩と岩の感覚を少しあけます。
角度は30度以下です。

■石積み
石を積む作業が最も大切です。
怠ると崩れて来てしまう可能性があるので、しっかりと積みます。
空気をよく含み、吸水性の高い溶岩系がおすすめです。

■植物を植える
ロックガーデンに向いている植物を植えましょう。
多肉植物や乾燥地帯の植物がおすすめです。
成育が遅めの低木も適しています。

ロックガーデンを作る時期は、真夏を真冬以外ならいつでも大丈夫です。
植物に負担の少ない季節を選びましょう。
最初から完璧を目指さず、少しずつカスタマイズするのも楽しいですよ。

▼まとめ
ワイルドでかっこいいロックガーデンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
岩石や植物の種類は多種多様なので、お気に入りの素材を見つけてみて下さいね。
日本植物園株式会社は、細かなご要望にもしっかりと対応しています。
ぜひお気軽にご相談して下さい。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • 植栽を配置する時のコツとは

    query_builder 2022/08/03

CATEGORY

ARCHIVE