Blog&column
ブログ・コラム

庭づくりで失敗する理由3選と対策方法について

query_builder 2022/02/15
コラム
36
皆さんこんな経験はありませんか?
「新築で念願の庭を手に入れて花を植えたけどすぐに枯れてしまった」
「芝生を敷いたけど、すぐに枯れてしまった」
「雑草がすぐに生えてきた」

こんな風に庭づくりには色んなトラップがあって失敗しちゃう事ありますよね。
今回の記事では庭づくりのよくある失敗例とその対策について解説します。

▼庭づくりの失敗例
■?花が咲かない・枯れてしまった
庭づくりの醍醐味といえば花を植えて育てるガーデニングですよね。
早く育ってほしくて一日にお水をあげる頻度を多くしたらすぐに根から腐って枯れてしまったという事例があります。
ではどうすればよかったのでしょうか?

・原因
上記の場合、水のやりすぎが原因で根っこが呼吸できなくて腐ってしまった可能性があります。
早く育ってほしい場合でも一日に水をあげる頻度は以下の通りにしましょう。

・対策
水をあげる頻度は土の表面が乾いたらを意識すればよいでしょう。
日照りや強風などによって土が乾燥する時だけ水をあげてください。
ちなみに、梅雨の時期など雨が定期的に降っていれば無理に水をあげる必要はありません。

■?芝生が枯れてしまった
芝生を敷いて子供たちと沢山遊ぶことも、庭づくりで楽しい要素の1つですよね。
しかし、次第に芝生が枯れてしまった。
芝生が枯れる原因と対策は以下のように考えられます。

・原因
芝には寒冷地型芝と暖地型芝があります。
よくある失敗例として暑い地域に寒冷地型芝を植えてしまう事例があります。
その場合、夏の暑い時期による高温多湿で芝がダメになってしまう場合があります。

・対策
それぞれの地域の耐性がある品種を選ぶことが重要です。
(上記の場合は、耐暑性のある品種を選びます。)
寒い地域では耐寒性のある品種を選んで敷いて下さい。

■?雑草が生えてきた
「土の部分を残しただけで、すぐに雑草が生えてきてとんでもない状態になってしまった。」
「砂利や人工芝をすぐに敷いたのに。」
ガーデニング中の悩みでよく聞く事例が雑草が生えてくることですよね。
雑草が生える原因と対策はこのように考えられます。

・原因
雑草の表面だけ刈り取るだけで、根本の種子まで対策しなかったのではないでしょうか。
そういった対策を怠ると、雑草は生命力が強いので砂利や人工芝を敷いていてもすぐに生えてきます。

・対策
除草剤を使って、根っこの部分まで根絶やしにして雑草を1つ残らず駆逐しましょう。
除草剤を使いたくない人はクワやツルハシで土を根っこごと掘り上げて下さい。
雑草対策にはそういった綿密な準備が必要となります。

▼まとめ
上記の3つが庭づくりによくある失敗例です。
原因を考え、対策することで失敗が減らせると思います。
心あたりのある人はまず実践してみることをおススメします。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • 植栽を配置する時のコツとは

    query_builder 2022/08/03

CATEGORY

ARCHIVE