Blog&column
ブログ・コラム

良いエクステリアを作るには「庭の設計」から

query_builder 2021/11/15
コラム
27
家のエクステリア(外観)は、家の印象を決める大事な部分ですよね。
そんなエクステリアの中でも広い範囲を占めるのが「庭」です。
今回はより良いエクステリアを作るための庭の設計について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼「良い庭」とは?
本来、庭の土地の用途は自由です。
色々な置き物を配置しても良いですし、家庭菜園を作っても問題ありません。
しかし思いつくままに脈絡のない使い方をすると、「庭」ではなく「ただの空地」「物置」になってしまうでしょう。
エクステリアの一部として考えるなら、庭の使い方や見た目の方向性もしっかり考えることをおすすめします。

■全体の方向性を決めよう
良い庭を作るには、まず全体のデザインや雰囲気を定めましょう。
庭のデザインの種類には、主に以下のようなものがあります。
・イングリッシュガーデン
・ナチュラルガーデン
・ジャンクガーデン
・フレンチガーデン
・ロックガーデン
・日本庭園
洋風の家なら「イングリッシュガーデン」や「フレンチガーデン」がおすすめです。
イメージが固まらないという方はより自然の状態に近い「ナチュラルガーデン」にしておいて、後から要素を足すと良いでしょう。
方向性さえ定めれば「ジャンクガーデン」や「ロックガーデン」も、ワイルドで素敵な印象になりますよ。

■造園業者とも相談を
庭を中心としたエクステリアづくりの方向性は、ぜひ造園業者にもご相談ください。
敷地の面積や家の雰囲気なども総合して、お客様のご希望に合うより良いエクステリアデザインをご提案させていただきます。
日本植物園株式会社でも、エクステリアの設計から施工まで全てを承っています。

▼まとめ
素敵な庭を作ると、窓越しの風景も非常に良いものになります。
ただの庭だと思わずに、じっくりこだわった設計を土台にしてより良い庭を作っていってくださいね。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • おしゃれなお庭を作るための植栽選び

    query_builder 2022/01/15

CATEGORY

ARCHIVE