Blog&column
ブログ・コラム

庭木の剪定は自分でもできる?

query_builder 2021/10/01
コラム
21
庭に木を植えると四季の移り変わりを楽しむことができるため、風情のある良い環境ができますよね。
しかし木は生きていますから、定期的に剪定が必要となります。
できることならご自身で剪定まで行いたいという方も多いと思いますが、果たしてそれは可能なのでしょうか?
詳しく解説していきますね。

剪定は自分でもできる!
剪定作業は、自分で行うことも十分可能です。
ただし、木を傷めないためには剪定の方法や時期が非常に重要で、特に時期を間違えると木が死んでしまうことにもなりかねないので、注意してください。
木の種類ごとに適した剪定時期をざっくりとまとめると、以下のとおりです。
・常緑針葉樹:3~4月、もしくは夏から秋にかけて
・常緑広葉樹:11~2月を避けて、あとは木の成長の合わせて暖かい時期に行う
・落葉広葉樹:12~2月が最適。他にも木の休眠時期ならOK

業者に任せたほうが失敗はない
上記の剪定時期はあくまでもざっくりとしたもので、実際にいつ剪定を行うべきかは木の品種ごとに細かく異なります。
また、剪定の際はどの枝を切っても良いというわけではありません。
あまりにも大きく切りすぎたり、成長過程において重要な部分の木を切ってしまうとそのまま木が枯れる原因にもなり得ます。
木の剪定は自分でやるよりも、できれば業者にお任せいただいたほうが大切な木を元気で綺麗な状態に保つことができるでしょう。
日本植物園株式会社でも、木の性質を知り尽くした職人が丁寧に剪定を行っています。

▼まとめ
自分の庭は自分で手入れしたいと考えている方も、一度業者による剪定をご覧になっていただくと、最適な選定方法や時期について勉強する機会になります。
ぜひ木の声を聴きながら丁寧に剪定作業を行い、生き生きとした状態を保ってあげてくださいね。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • アプローチにこだわってセンスの良いエクステリアを作ろう

    query_builder 2021/12/08

CATEGORY

ARCHIVE