Blog&column
ブログ・コラム

石を使った庭作りについて

query_builder 2021/07/13
コラム
4
和風の庭は風情があって心が落ち着くので、憧れを抱いている人も多いと思います。
庭木や草花などは和風の庭作りに欠かせませんが、石も重要なアイテムなんです。
石をどのように使うかによって、見栄えが大きく変わります。
そこで今回は、石を使った庭作りについて解説していきます。

▼景石
景石とは、庭の景観を良くするために用いる石で、石を使って自然の風景を再現しています。
景石を置くことで庭の格を上げることができ、和風の庭には欠かせない存在です。
庭木や草花などを使わずに作った庭を「石庭」と言い、砂や石、岩だけを使います。
石庭というと龍安寺を思い浮かべる人も多いと思いますが、龍安寺の石庭は枯山水といって、石や砂などを使って山水を表した庭です。

▼敷石
敷石とは石を平らに敷き詰めたもので一見飛石によく似ていますが、敷石は小さな石を敷き詰めて道を作るのに対し、飛石は大きな石を並べて道を作ります。

▼飛石
飛石とは、庭や玄関アプローチに石を飛び飛びに並べて道のようにするものです。
とくに鉄平石が飛石に向いており、天然の色合いが魅力的です。

▼積み石
積み石とは、石を積み上げて石垣や階段などを作ることです。
コンクリートやレンガなどの代わりに石を使うことで、年月が経つにつれて風合いが良くなってきます。

▼まとめ
石を使った庭作りの方法は人それぞれなので、理想の庭を目指して自由に庭づくりを行ってみてくださいね。
弊社は庭のお手入れやエクステリア工事などに対応しているので、庭に関して困ったことがあれば何でもご相談ください。

NEW

  • 年末年始休業日のお知らせ

    query_builder 2021/12/08
  • 夏季休業のお知らせ

    query_builder 2021/07/19
  • さいたま市で除草をしています!

    query_builder 2021/07/13
  • アプローチにこだわってセンスの良いエクステリアを作ろう

    query_builder 2021/12/08

CATEGORY

ARCHIVE